Quality
クオリティ

安心を語るにふさわしい、制振構造。

万一の地震時にも快適なタワー生活をお守りするために。
「クレヴィアタワー大阪本町」では、高層30階のタワーを支えるため制振ダンパーと呼ばれる間柱型制振装置が採用されています。制振ダンパーには,「低降伏点鋼ダンパー」を採用。その部材に地震エネルギーを吸収させることで、建物の揺れを低減し、柱や梁の構造部材の損傷を抑えます。「低降伏点鋼ダンパー」は、鋼板をパネル状に加工した部材で、振動エネルギーを吸収する材料です。地震エネルギーを吸収する「制振ダンパー」は、4~24階の1フロア当たり4カ所に配置。建物全体で84カ所設置しました。建物全体のバランスを考慮して各所に配置されたダンパーが効率的に地震エネルギーを吸収します。「クレヴィアタワー大阪本町」でいつまでも安心して快適に暮らしていただける住環境をご提供します。
建物全体を支える強固な「柱構造」
コンクリート柱内の帯筋には、継ぎ目がなく一般的な帯筋に比べて強度が均一になる溶接閉鎖型せん断補強筋(帯筋)を採用。コンクリートの拘束性を高め、地震時に主筋が折れ曲がることを抑制。より耐震性の高い粘り強い構造となっています。
排水音を軽減するパイプスペース内の「遮音対策」
パイプスペースの排水竪管はグラスウールの上に遮音シート巻きとするなど、生活排水などに対する音にもきめ細やかな配慮を行っています。
⊿LL(Ⅰ)-4等級フローリングと
「床スラブ」
歩く音やスプーン等の落下音など下階への生活音を軽減する⊿LL(Ⅰ)-4等級フローリング※1を採用。約200㎜~約310㎜厚※2の床スラブと一体化し、生活音を下階に伝わりにくくします。

※1 従来のLL45等級相当 (メーカーカタログ値)
※2 住戸の床スラブ以外を除く

戸境壁(乾式耐火遮音壁)
住戸間の耐火性能と遮音性能を兼ね備えた乾式耐火壁を採用。グラスウールの外側にプラスターボードを重ね貼りしています。
快適な暮らしを守る「外壁」構造
外部に接する壁の室内側には、断熱性を高めるための配慮として、断熱材を施しています。住まう一人ひとりの快適な暮らしを守ります。
ボイドスラブ工法(小梁なし工法)
床スラブを支える小梁を必要としない工法を採用し、一般工法に比べ、スッキリと美しい空間を実現。住空間の居住性を高める工夫を施しています。

設計性能評価を取得済、建設住宅性能評価書を完成時に取得予定です

「住宅性能表示制度」とは
●耐震性や耐久性、耐火性など、永く住むために欠かせないポイントを中心に住宅の性能を評価します。
●国土交通大臣が指定する住宅性能評価機関(第三者機関)により、客観的で公平な評価が行われます。
●任意の制度ですべてのマンションに表示されているものではありません。
「住宅性能表示制度」のメリット
国土交通大臣指定の住宅性能評価機関という第三者による評価の表示なので、住まいの品質評価に客観性が期待できます。
設計住宅性能評価・建設住宅性能評価の両方を受けておけば、指定住宅紛争処理機構が利用できるのでトラブル時の処理が迅速に行えます。
共通のルールによって性能が等級で表示されるので、建築の専門知識のない一般の方にも性能が理解しやすく、他の住宅の性能との比較も容易です。
※「設計住宅性能評価書」に表示される等級や数値は、設計段階で予想できる範囲のものです。「建設住宅性能評価書」はマンションが設計図通りに建設されているかどうかをチェックするためのものです。なお、評価書の評価内容は、あくまでも建物が完成した時点のもので、歳月とともに性能が劣化する場合があります。※「クレヴィアタワー大阪本町」では一部取得していない項目があります。
※構造イメージイラストは設計図書を基に描いたもので、形状・色などは実際とは異なります。施工上の都合、行政官庁の指導等により変更が生じる場合があります。
※メニュープラン、有償オプションには申込期限がございます。詳しくは係員にお問い合わせください。※「参考写真」と表記のものはメーカー参考写真等を掲載しており、実際とは異なります。
※掲載の概念図は、計画段階の図面及びメーカー等の資料を基にシステムや構造等を分かりやすく紹介するために描き起こしたもので実際とは異なります。